コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

音楽葬

 

クレリでも自由祭壇をご提案してから、加速度的に「自由葬」と呼ばれる特定宗教にとらわれない葬儀形態を望まれることが多くなりました。中でもとりわけ「故人が好きだった音楽で最後は見送ってあげたい」というご希望が一番多いようです。CD、テープでの演奏はもちろん、演奏者を手配した生演奏で「献奏」を行う『音楽葬』。それは自由な方法で故人の「個人」を豊かに表現し、参列者全員の偲ぶ心をひとつに結んでゆきます。

「人生の最後を飾るにふさわしい名曲で永遠の眠りにつきたい」、「忘れられないこのメロディに包まれながら見送ってほしい」など、ご自分から生前予約の際に曲目を指定される方も増えてきました。葬儀という悲しみ事のセレモニーでありながら、その方のロマンを感じずにはいられません

クレリ音楽葬の式次第

クレリ音楽葬の式次第についてご紹介いたします。

1. 事前演奏

開式前に準備が整い、会葬者の方々が着席され、落ち着かれるまでの間、事前演奏を行います。模擬葬で演奏された曲目:G線上のアリア(バッハ)カノン(パッヘルベル)、アダージョ(アルビノーニ)など

2. 献灯

ご遺族が火を灯したロウソクを手に入場。祭壇の蜀台へ点灯します。(場内はその間暗くします)

3. 開式の辞

この日は専門の女性司会者が式進行を担当しました。

4. 黙祷

5. 献奏

6. 故人の生涯を紹介

模擬葬儀では故人のお好きだった曲と想定した2曲を演奏しました。
1.ノクターン(ショパン)、2.川の流れのように(美空ひばり)
そして2曲目の演奏をバックに故人の生涯を紹介します。

7. 送る言葉

8. 弔電披露

今回、お孫さんとご友人の 送る言葉のBGMとして「埴生の宿」・「平城山」・「ふるさと」などの唱歌や美しいメロディーが演奏されました。
弔電披露の際もそのままBGMとして演奏は続きます。

9. 指名献花

指名献花、一般献花ではBGMに「タイスの瞑想曲」、「カヴァレリア・ルスティカーナ(マスカーニ)」などが演奏されました。

10. 一般献花

11. 遺族代表謝辞

12. 閉式の辞

遺族代表謝辞では「見上げてごらん夜の星を(坂本九)、「星に願いを(ディズニー映画より)」が演奏されました。
閉式の辞で一旦演奏は止まります。

13. お別れの儀

最後のお別れの儀~出棺まで故人の好きだった「川の流れのように」がリフレインで演奏されつづけます。

14. 出棺

出棺後もご会葬の方々が式場から立ち去られるまで演奏されます。曲目は事前演奏と同じアダージョ、カノン、アリアなどです。

この音楽葬は一例です。自由葬に決まった形はありません。「自分で会葬礼状の挨拶文を書きたい」、「弔電披露などはカットしたい」など、事前相談していれば「ああしたい、こうしたい」が実現できます。告別式の始めから終わりまでずっと「中島みゆき」の曲を演奏してほしい。こんなご要望を実際にされている方もいらっしゃいます。
葬儀をタブー視する時代は終わりを告げつつあります。ぜひ次回の葬祭展へご来場ください。

相談無料 お気軽にお問合せください

  • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
  • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
ページの先頭に戻る